2015年11月18日 (水)

白州町台ヶ原宿【くらかふぇ糀’s】 

往き交う人もまた旅人なり ちょっと一息如何でしょうか。

北杜市白州町旧甲州街道、この街道沿いに
【七賢】で有名な酒蔵 山梨銘醸(株)さんがあります。

Img_4136

その歴史ある酒造の中には糀糖をつかったスィーツを食べることができる
【くらかふぇ糀's(こうじいず)】ありますが、「糀トースト」・「糀アイスクリーム」、
そして糀糖で甘みをプラスしたスムージードリンク「コウジー」等が味わえます。

糀糖とは七賢さんが三年の歳月をかけ開発した新しい甘味料の名前で、
米糀と米粉のみで作られ、カロリーは砂糖の半分、食物繊維やビタミンが豊富です。

糀飲料は栄養価の高さから飲む点滴とも呼ばれていますが、糀糖の甘さに驚きです。

Img_4117

そしてわたしたちもこの【糀糖】をつかったホットドリンクを
武田神社DE正月祭「satoyama楽市楽座」にて提供することとなりました。

是非お召し上がり下さい。

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2015年11月14日 (土)

白州町台ケ原宿金精軒さんの『生信玄餅』

中央道韮崎IC下車甲州街道(R20)を北上すると、
里山風景そのまま、北杜市白州町があります。

国道をそれ、旧甲州街道に足を踏み入れると、
そこは懐かしい雰囲気の台ケ原宿です。

この街道沿いに、【七賢】で有名な酒蔵 山梨銘醸(株)さんがありますが、
道路反対側には同じく山梨の銘菓【信玄餅】で有名な金精軒さんがあります。

Img_4114

夏は水信玄餅を食べに多くの人が訪れましたが、
今回紹介するのは『生信玄餅』です。

山梨県峡北地域で収穫された梨北米のみ100%で作られています。
従来の信玄餅に比べお砂糖が半分なので、お餅の味が引きたっています。

Img_4115

そしてその風味を生かすため、名前の由来''生"は保存料無添加、
『極上生信玄餅』は消費期限3日です。

お餅が本当に美味しいです、是非お召し上がり下さい。

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2013年12月 4日 (水)

秋から冬へ、そして静かな山里は

秩父多摩甲斐国立公園西の玄関口

Dsc08990

中央自動車道須玉IC下車、増富ラジウムラインを北上すると、
須玉町、明野町、韮崎市、甲斐市などの生活用水として使用されている、
塩川の上流部に建設された人工湖「みずがき湖」があります。

Dsc07233

幾重にも織りなす山間の紅葉は素晴らしく、
秋には多くの人が訪れましたが、今はひっそりとしています。

このまま北上し峠に向かうと、甲州(甲斐の国、山梨県)から信州(信濃の国、長野県)
へ越える国境(くにざかい、県境)、信州峠があります。

Dsc09001

峠を下るとレタス作りで有名な長野県川上村、
懐かしい独特な景観が広がるこの村は、いつも変わらぬ光景で穏やかです。

一雨ごとに寒くなり、いよいよ冬を迎える山里は冷たい雨、
そんな時この峠にやって来ると、訪れる人も少なくなった峠道は、
みぞれから雪に変わっています。

Dsc08945

少しだけ足を延ばすと、
季節の移りを一足早く感じることが出来る、長閑な峠です。

甲州(甲斐の国、山梨県)と信州(信濃の国、長野県)を結ぶ信州峠、
そしてその山里はいまなお変わらぬ風景です。

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2013年6月27日 (木)

連日の曇り空

この間、咲き始めた事務所の紫陽花も
すっかり満開になりました。

Aji

ここ数日ははっきりとしない天気が続いているので
雲一つない青空の日が恋しい気がします。
まだまだ梅雨明けはしませんが、
日中の蒸し暑さに夏の足音を感じる今日この頃。

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2013年5月 4日 (土)

気づけば

Hana06
桜の季節も終わり、気づけば5月を迎えています。
寒い日もありますが、それでも日に日に気温も上がっている
気がします。
GW後半も天気は晴れで、出かける方も楽しく過ごせそうですね。

Hana07
里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2013年2月 9日 (土)

季節は迷いそして今日は・・・

Top2
如月・立春矛盾するかのような2月ですが、
4日の小淵沢は確かに立春が似合う一日で、

寒さの続いた数日前を思えば春の暖かさで、
2月のこの頃の温度では記録的であるとのことです。

霞か黄砂、遠く甲府盆地がモヤの下にあり春の風情で、
目の前の山々も春霞に包まれすぐそこに春を感じます。

Dsc06233

そして寒の戻りはありやナシや、

昨日・今日と冷たい風が抜けていきます。

花曇り・雪曇り、迷う雲ですが
上空にさればますます春めき、降りてくれば雪になり、

季節も少し迷う2月です。

Fuji

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2012年12月25日 (火)

クリスマスの夜は・・・

北杜の山里にも雪を降らせた先週は辺りの風景が一転しました。

Dsc07882

そして今日は予報通りのクリスマス寒波、本当に冷え込んだ一日でした。

残念ながらホワイトクリスマスとはなりませんが、
身の引き締まる本来の冬が戻ったような気温となりました。

年々異常気象による局地的な、夏の猛暑・冬の豪雪と
農作物にも甚大な影響が出る程の極端な気候に悩まされています。

ゆっくり進む、日本の美しい四季の移りがなく淋しい限りです。

Dsc07901

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2012年12月22日 (土)

冬至に想う

日の出・日の入りとも最も南寄りとなった昨日は、冬至の日でした。

Top1_2

空が白み始めうっすらと黄色をおびてくると、西や北の彼方が薄紅色に染まります。

東の空は日の出を温かく見守るように橙色と化し

天空を飾った彩りが影を潜めると柔らかな太陽が顔を覗かせます。

Top

ほんの一瞬の つかの間の朝焼けがここにあります。

古代には一年の始まりとされた冬至の日、
なんとなくいつもと違う一日の始まり、そんな気がしています。

Photo

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2012年12月 1日 (土)

冬霞

Burogu

明け方の部屋の空気も、顔を洗う水にも冷たさが増し、
しんと鎮まった静けさの中、東の空が白み始めます。

Dsc00771 

万葉人の云う東雲(しののめ)ってこんな風景ですか、
万葉人の感慨に共感と驚きです。

11302

木の葉時雨がきらきら舞い落ち、
遠くまで映し出す山々が織り成す光と影、刻一刻と変わる夕まぐれな茜空。

冷たさが日に日に澄んだ冬模様となってきました。

Burogu293

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

2012年6月24日 (日)

こんな日は

曇り空 雨空 やっぱり「紫陽花」がよく似合います

621

その時々で色が違い 一雨ごとに色を変えていく
移ろう季節そのままに、梅雨時の空模様と同じです。

山梨県南巨摩郡南部町にある「うつぶな公園」のあじさい祭りや、

富士川町にある「小室山妙法寺」では、
昨日から7月1日(日)迄「あじさい祭り」が開催されています。

鬱陶しさを感じる雨の日も
濡れそぼった紫陽花を見ていると、

なんとなく落ち着く、懐かしい風情を想います。

6183

そしてこの気まぐれ天気の長雨が開ける頃、
日照時間日本一この北の杜 明野の大地では、

夏に相応しい「向日葵」が、
一面いっぱいに輝きを見せ始め、空を彩ります。

710akeno

里山ライフ・里山工房 http://www.satoyama-life.com/

より以前の記事一覧

最近の写真